先輩の声

ロイネに応募したきっかけ

合同企業説明会で先輩社員(現在のトレーナー)の講演に心惹かれたから。

学生時代と変わったところは?

トレーナーとトレーニー1対1、且つ歳が近いので、何事にも親身になってくれた。
毎週水曜日には始業前の時間に勉強会を開いてもらい、仕事上で必要な知識をつける時間をとってもらった。この時間では普段仕事上での疑問を解消する機会にもなった。
トレーナーがどんなに忙しい時でも、質問に対しては的確に答えてくれ、仕事中に頻繁に声をかけてくれるなど、常に私を気遣ってくれていた。私の様子がいつもと違う時は、仕事終わりにご飯に誘ってくれ、プライベートな時間を削ってでも相談に乗ってくれた。
今はまだ、トレーナーを頼りにすることがほとんどだが、早く一人前になってトレーナーのように活躍できる人材になりたいと思う。今後、私がトレーナーになって教える側に立った時には、現在のトレーナーのように目標にされるような社員になりたい。

トレーナー(竹島さん)
直属の後輩を指導していく事が初めての経験だったが、教える側も非常に勉強になった。
今後更に、成長していく後輩の姿をみることが今後も楽しみだ。

 


ある日のスケジュール
08:20 出社
メール確認
09:00 サンプル検品
サンプルが指図通り上がっているかチェック。厳しくチェックします。
11:00 売上計上入力
この日、客先に納品した製品があったので、売り上げを計上しました。しかし、震災の影響で納品できない製品もあり、仕事が自社だけでなく、他社とのつながりによって成り立っているということを再認識しました。
12:00 昼食
行きつけは学生時代と変わらず牛丼屋です。
13:00 製品発注書作成&資材発注 
客先からの発注を整理し、工場に指図します。資材発注は複雑ですが、間違えは許されないので、一つ一つ着実に入力していきます。
16:00 商談
先輩に同行し、客先に商談に行きました。早く一人で営業に出られるように、先輩社員と客先のやり取りを見て聞いて今後に活かせるようにします。週初めの課会で商談内容を報告するので、しっかりとメモをとります。
18:00 直帰
この日はノー残業デーだったのでそのまま帰宅しました。

今後の目標は?

仕事中、休憩中問わず常に明るく活気がある。皆フレンドリーで、入社して時間もかからず会社に溶け込むことができた。課と課の垣根もなく、仕事中も違う課に行って情報を仕入れたり、その逆もあったりと、皆助け合いながら仕事をしていて、会社全体で団結力を感じる。

ロイネのココがいい!!

仕事終わりや休日に食事会やボーリング大会や野球大会、テニスなど、さまざまなイベントがあり、社員同士の交流を深める機会がある。仕事だけではなく、その他の時間でも付き合いがあるのがロイネのいいところ。  

ロイネのココがいい!!

休日には高校時代のテニス部の友人を集めて作ったサークルでテニスをしている。夏にはそのメンバーで横浜市の団体戦に出場しようと考えている。  


このページのトップへ