先輩の声

ロイネに応募したきっかけ

小さい頃から手芸が好きで繊維に興味があり、大学でも繊維に関連した事を学んだこともあり、繊維に関連したものでもっと快適なものを作りたいという思いがありました。メーカーであるロイネでは物つくりを肌で感じられ、大手とは異なり、物つくりの一からの流れが自分自身で感じられると思ったため。

現在の仕事の内容

私の仕事内容は主に工場へ生地の試編依頼をする事です。 そのためにまず、原糸メーカーや溶剤メーカーと連絡を取り新しい情報を得ます。 その際に、このメーカーとこのメーカーの繊維を合わせればこんな糸ができるのでは?と言った考えが生まれてきます。 そこで得た情報と客先の要望やイメージと照らし合せ工場に試編依頼をします。 依頼した生地が上がったら要望通りの生地が出来上がっているか確認し、問題があったら解決方法を検討し修正を依頼します。そうして完成した生地を基に商品が作られていきます。 ロイネは百貨店から量販店、通販、スポーツメーカーまで様々なお取引先があるためそれぞれの情報や特徴が掴めるためとても貴重な情報源となります。 その他にも、入社以前から興味を持っていた「もっと快適な商品を作りたい」と考え大学との共同研究を行っています。
感覚的な部分だけではなく実際に目に見える形や数値で快適性を表し体が快適と感じるものを商品化できれば本当にお客様に喜んでもらえ、それが私の喜びにも繋がると思います。
今はまだまだどのように商品に生かしていくのか課題が多いですが、昔からやりたかったことが実現できて、とてもやりがいのある仕事です。


一番印象に残っていること

展示会で大学との共同研究の発表をした時に自分の不甲斐無さに落込んでいる時に、「力は持っているから大丈夫だよ」と励まして下さったのですがある方に「元々の力は持っていないけど頑張る力を持っているんだ」と言われた事がとても印象に残っています。同じ部署だけではなく社内全員を一人ひとりをきちんと見て下さっている会社だと感じました。

今後の目標は?

現在の仕事は毎日が勉強で専門用語を理解するのにやっとの毎日です。今後はその時理解するだけではなく、人に説明できるくらいに理解を深めていきたいです。
また、自分で考えた編地が製品となって店頭で見れたらステキだなと思います。
そして社内だけではなく紡績メーカーや溶剤メーカーと、分からないことや困ったときに助けて頂ける関係を築いていきたいです。

ロイネのココがいい!!

入社前から素材に興味があると話していた事を覚えていて頂け2010年に現在の部署に異動しました。
「失敗してもいいから、その失敗が自分のためになるから」と自分のやりたいことをやらせてもらえる会社だと思います。その分プレッシャーや悩むことも多いですがそれをどう解決するのか考え、相談しアドバイスをもらいながら日々過ごす事で充実した毎日が過ごせる会社だと思います。


このページのトップへ