先輩の声

ロイネに応募したきっかけ

洋服が好きだったことと、物を作る仕事に興味があったので、ロイネを志望しました。

学生時代と変わったところは?

学生から社会人になると、自由が無くなるやりたいことが出来なくなる、というイメージがあるかもしれません。確かに会社に入れば、一日の殆どの時間を仕事をして過ごします。でもそれ以上に、年々仕事のやりがいが増えていきますし、学生時代では出会えなかった色んな人と出会えたり、学生時代に着ていたブランドの製品を作れたり、わくわくすることがたくさんあります。学生時代に考えていたよりずっと、会社員というのも楽しいなと思っている、会社員三年目です。

ある日のスケジュール
出社
メールチェック等
サンプル作製の工場指図と必要生地・資材の発注
企画
パターンナーと、サンプルの社内打合せ
本生産仕様書の作成・本番用資材/生地の納期確認
お昼休み 
大体社内の休憩室で和気あいあいとお弁当を食べています。
サンプル着荷
採寸と配色・仕様、二次加工(プリントや刺繍)の仕上がりををチェックし、アイロンでの仕上げ直し等 納品準備。
担当客先へサンプル納品
仕様の確認と、サンプルの問題点、修正が必要かなどを話し合う。大体1シーズンで20型位(年間約100型)あるので、打合せは3時間くらいに及びます。
帰社 
商談内容をレビューして、工場へ修正
今日の一日の再確認・明日のスケジュール確認。
退社
お疲れ様でした!

今後の目標は?

私は服飾の勉強をしてロイネに入った訳ではなかったので、この仕事は毎日がチャレンジの連続です。メーカーの営業として、担当客先、工場から今以上に信頼してもらえるよう、成長していくのが今の目標です。

ロイネのココがいい!!

若手でも、色んなことにチャレンジさせてもらえる社風です。また、それをサポートしてくれる先輩や上司もいます。入社2年目の終わりには納期交渉でひとりで中国出張に行くチャンスがあったりと、頑張れば どんどんと自分の力を試せる環境です。
また社内の雰囲気がとっても和気あいあいとしています。課や部を越えて親しいメンバーで休日にドライブに行ったり、会社帰りにご飯に行ったり、楽しい職場です。   


このページのトップへ