先輩の声

ロイネに応募したきっかけ

洋服が好きだったことと、物を作る仕事に興味があったので、ロイネを志望しました。

現在の仕事の内容

生産品質管理課に所属し、生産管理・品質管理ふたつの業務を担当しています。
生産管理としては、担当エリアはインドネシア。主にメンズインナーウエアを生産する工場の生産管理を担当しています。
品質管理としては、客先に納品する前にその製品が十分な性能を有しているかを確認する品質試験の管理業務を行っています。

一番印象に残っていること

2週間のインド出張
 ロイネでは新規工場で生産をスタートする際、現地に入りロイネ品質での物作りの技術指導、品質指導を行います。入社9年目に、インドの肌着工場で新規生産を行う際、通訳兼品質管理として同行する機会を得ました。
 インドは今までロイネが生産拠点としてきた東アジア地域とは文化背景も大きく異なる為、生産する上でのハードルが非常に高く、苦難の連続の2週間でした。
 中々日本の品質基準に見合うレベルの製品が上がらず、ワーカーたちと何度も何度も話し合いながら生産を進めました。次第に、早く来て自主練する人や積極的に品質改善の工夫をする人等、ひとりひとりに変化が生まれ、  出張最終日ワーカー全員とお別れの集合写真を撮った際には、国籍も育った環境もまったく違う人達と心ひとつになって、ひとつの製品を作ることができたということに、胸がいっぱいになりました。
 物作りは、問題や課題が次から次へと生まれ大変なことも多いですが、多くの人が関わって、いい製品が出来上がった時のよろこびは大きくて、その度、また頑張ろうと言う気持ちになります。

ある日のスケジュール
08:30 出社
メールチェック
10:00 翻訳作業
11:00 工場との生産進捗確認
(電話orメール)
12:00 昼休み
13:00 工場との生産進捗確認
(電話orメール)
15:00 品質試験、取り纏め作業
16:00 サンプルチェック
17:00 工場との生産進捗確認
(電話orメール)
18:30 退社

今後の目標は?

工場からも社内からも頼られる生産管理です。
品質管理と生産管理を兼任している人は少ないので、品質に関する知識を、物作りにもっと生かしていければと思います。

ロイネのココがいい!!

先輩後輩の仲がよく、とても風通しのよい社風だと思います。
海外と関わることが多いので、色々な経験ができるのも魅力だと思います。


このページのトップへ