先輩の声

ロイネに応募したきっかけ

アパレル自体に特に興味はなかったが、製品の物作りに興味があった為。

現在の仕事の内容

私は今3つの客先の営業を担当しています。1つ目の客先はOEM(相手先ブランドの生産)、2つ目は量販店、3つ目はカジュアル専門店です。商品的にはOEMの客先に対しては相手先のブランド商品、量販店にはPB(プライベート)商品、カジュアル専門店にはLevisのアンダーウエアーを納品しています。週3・4回は客先に出向き商談を行っています。それ以外の日は社内でデスクワーク・打ち合わせ等をしています。営業の仕事は基本的に客先に商品を提案し商談を行い、オーダーをもらってくるのが仕事です。しかしロイネの営業はそれだけではありません。営業が原糸・生地・資材等の手配を行い生産管理の仕事も行っています。なので工場との納期交渉なども営業自身が行います。生産から販売まで自分自身で管理することにより、一気通貫で状況を把握する事ができ非常に動きやすい仕組みになっています。


一番印象に残っていること

入社6年目の時に様々な要因から、一日で膨大なインナーウエアーを生産しなければならない状況に陥り、半ば半分以上諦めていたのですが、工場が死に物狂いで人員を増員して生産してくれて何とかお客様の要望に答えることができた時は本当に嬉しかったし感無量だった。今では良い思い出です。

今後の目標は?

メーカーの営業マンとして物作りの知識をより深めていきたい。また新規客先の開拓など今まで挑戦していない分野で力をためしてみたい。

ロイネのココがいい!!

メーカーとして営業自身が生産管理の仕事もしているので物作りの勉強をする事ができます。それに伴い、担当客先だけでなく紡績メーカー、生地メーカー、副資材メーカー等ともコンタクトを取ることができ自分の視野・行動範囲が非常に広がります。また中国に自社工場があり、工場訪問したり中国人スタッフとやり取りをする事で新しい文化に触れ自分の考え方に巾がでます。


このページのトップへ